FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶景ポイント

木曜に親友が豊橋に帰り
土曜は同居している次男が友人の結婚披露宴のため朝10時に豊橋に帰り
入れ替わりに午後豊橋から兄と両親が白馬に来ました。

大町のYAMADA電気で待ち合わせて、大きなテレビを両親と兄が祝いにと買っていただき
母にはその他、暖か器具もおねだりしてプレゼントして貰いました。

本当に親はありがたいです。
いつまでもお世話になりっぱなしですみません。

その両親たちは、月曜まで白馬にいて豊橋に戻りました。
そしてまたまた入れ替わりに豊橋に行っていた息子が夕方電車疲れで(5時間乗りっぱなし)
白馬に戻ってきました。



月曜の最後の日の朝6時過ぎ 両親を乗せて朝焼けの白馬3山を見せるために
『野平地区』に行きました。


ジゼルのある地区は『八方口地区』で、朝から濃霧100M先は見えません。 


一部の地区を除いて白馬村は霧?いやいや雲の中です。
201210164.jpg 


朝の9時頃まではこんな感じでした。
201210165.jpg 


ネットのライブ映像で山が出ているのを確認してきたので、
両親に「この世とは思えない景色を見せてあげるね!」と、言い切り
山の中腹にある「野平」に登って 行き




「後ろ見て!見て!」
父も母も雄大な山に「おお!!」と、感動してました。
201210167.jpg 


87歳の父は認知症が進んでおり、下界の雲を見ては「あの大きな湖はどこだ?」と、
しきりに言っていました。
201210162.jpg 


「ここは古い村だな~」と感動していた父。
のどかな里の秋です。



201210166.jpg 


そして来た道を引き返し、今度は山に向かって下って行きます。
201210163.jpg 



「また雲の中に入るよ~~」と
ちょっと降りただけでもう山の姿は見えなくなり、白馬は本当に幻想的は村です。
201210161.jpg

この朝焼けの景色を父親の脳裏に留めたくて、何度も何度も「今の景色忘れないでね!」と、
連呼しましたが、覚えてくれているでしょうか??


ここからの景色は一番好きですね。
写真の画像では表せない山の大きさ 「迫りくる山」です。

ぜひ白馬に来たらお立ち寄り下さい。

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング・クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

人気ブログランキングへ
プロフィール

じ・ぜる

Author:じ・ぜる
愛知県豊橋市で布屋を経営しています。

まったく服作りに興味なく、人に作ってもらってましたが、2004年頃から手作り服にはまり下手ながら作っています。

ベビーロック社主催のロックソーイング選手権に応募したら何と『レディブティック賞』に入選! レディブティック 2005 5月号に掲載されました。

「2時間で出来るカットソー」そんな簡単手抜き作りを紹介していきます。

素人洋裁ですので難しいことはしていません。
誰でも簡単に、美しくをモットーに作り方を載せていきます。

【ジゼルのネット履歴】

*2000年 ホームページを立ち上げ
*2001年 ネットで募集して生地サンプルを送りメールで注文
今の「サンプルで購入」のはしりを始める
*2002年 サンプル注文をやめてヤフーオークションに変更
*2003年 ヤフオクと同時にネットショップをオープン
*2004年 ネットショップを止めヤフオクだけ
*2005年 秋から再び「サンプルで購入」を開始
*2006年 ヤフオクを止め「サンプルで購入」だけ
*2010年 再びネットショップ「カートで購入」をオープンサンプルで購入」と両立

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
じ・ぜる店主へのご意見箱
どんなことでもお気軽にご連絡下さい♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
TB people
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

生地のショップはこちらから
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。